浮気 慰謝料

MENU

浮気の慰謝料

浮気の慰謝料とは、浮気によって受けた精神的苦痛に対して支払われるものです。

 

今回の浮気が離婚の原因になる場合は、婚姻期間や責任の重さによっておおよその慰謝料が算出されますが、慰謝料請求金額には制限などはないので「自分の気が済む金額」を慰謝料として請求することができます。

 

 

また、浮気相手に対しても慰謝料を請求することができ、関係を終わらせることも誓約させることができます。

 

浮気相手に対する慰謝料は、共同責任者である夫が支払うことも可能ですが、婚姻生活を続けていく方向で話し合いが進んでいる場合は、浮気相手が100%支払うことが多いようです。

 

 

離婚しない場合も夫に対して慰謝料を請求することができます。

 

 

ただし!
慰謝料請求は3年以内に行ってください!
不貞には時効があり、発覚してから3年間になっています。
これは離婚後でも3年以内なら慰謝料を請求することができるので、もし「あの時!」と思い当たる節がある方は、今からでも遅くはありません。

 

慰謝料を請求し確実に支払いをさせるには、不貞の事実を証拠として押さえる必要があるので、浮気調査を依頼して言い逃れのできない証拠を掴んでおきましょう

 

浮気の慰謝料について