内容証明 作り方

MENU

内容証明を自分で作成する方法

1.用紙 

専用の用紙はなく特に決まりはありません。便箋、原稿用紙、コピー用紙などで大丈夫です。
大きさも指定はないのでA4でもB5でも構いません。
封筒も指定はありません。

 

内容証明用紙も市販されているので、それを使用する方法もあります。

 

2.書式

1行20字以内、1ページ26行以内、1ページあたり総字数520字以内という制限があります。

縦書きの場合

横書きの場合

  • 1行20字以内、1枚26行以内
  • 1行20字以内、1枚26行以内
  • 1行13字以内、1枚40行以内
  • 1行26字以内、1枚20行以内

 

3.文字

使用できる文字は、ひらがな、カタカナ、漢字、数字、句読点、かっこ、記号で、日本語で作成しなくてはいけません。ただし社名などの固有名詞に関しては英字の使用が認められています。

 

句読点なども文字数1でカウントされ、かっこは()や「」で1文字の扱いになります。

 

4.枚数

ページ数に制限はなく、文字数も範囲内で収まっていれば少ない分には構いません。
複数ページに及ぶ場合は、ホッチキスで止め開いた真ん中の部分に割印を押す必要があります。

 

ただし、内容証明が2枚以上の場合は加算枚数によって料金も加算されます。

 

5.内容

文書には表題を付けるのが一般的です。
通知書・通告書・請求書・催告書・警告書などと言ったタイトルをつけることが多いですが、浮気に対する慰謝料請求の内容証明の場合「慰謝料請求書」などが適しているでしょう。

 

前文・後文については省略される場合が多いようです。

 

本文は、事実関係、主張、要求の順で書いていきます。
その際、正確に簡潔に明確に事実関係を記載し、余計なことは書かず、法的根拠に基づいて権利を主張しましょう。

 

浮気相手への慰謝料請求の場合、不貞の事実を記載し、何に対して慰謝料を払わせるのか、いつまでにどのような形で支払いをしてもらうのか、請求期限、応じなかった場合そのような措置をするつもりなのかは最低限記載します。

 

ただ、家族や会社に知らせるといったことを記載してしまうと、名誉棄損罪で逆に訴えられる可能性があるので、こういった内容は記載してはいけません。

 

6.送り方

同じ内容の文書を最低3通(コピー可)作る必要があります。

  1. 相手に郵送する
  2. 郵便局の保管
  3. 自分の控え

封筒の中には写真や添付書類などの同封はできません。

 

また、封筒に記載する宛先は内容証明内で書かれたものと同じでないといけないので、○丁目○番○号などで記載をしたら、宛先も統一します。

 

7.料金
基本料 80円
内容証明料 420円
書留料 420円
配達証明料 300円
速達料 270円
合計 1,490円

※2枚以上の場合1枚につき250円ずつ加算されます。

 

8.内容証明を発送することの意義
  • 請求の意思を確実に伝える
  • 請求の事実を証拠に残す
  • 強固な請求の意思を表明し心理的に圧力を加える

 

内容証明を自分で作成する方法