浮気 慰謝料

MENU

夫に対する慰謝料請求

離婚するしないに関わらず、不貞による精神的苦痛に対して慰謝料を請求することができます。

 

慰謝料の一般的な相場は

  • 離婚する場合100〜300万円程度
  • 離婚しない場合50〜100万円程度

となっています。

 

離婚する場合は、慰謝料の他に子供がいる場合は養育費財産分与など、金銭にかかわる全てを取り決めることが必要になります。

 

子供がいる場合は親権が決まらないと離婚することができないので、親権を決め、全ての事項が合意に足した時点で協議離婚を成立させることができます。

 

その際、離婚届けの提出は最後の仕事です。
離婚届けを出してしまってからでは、話し合いに応じない、話し合いの場所にすら来ないということになりかねますので要注意です。

 

また、金銭が絡む事項は公正証書を作成しておくことをお勧めします。
公正証書は万が一支払いが滞った場合、直ちに相手の財産や給与を差し押さえることが可能です。
こちらも離婚届提出前に作成しておきましょう。

 

 

離婚しないけど夫に慰謝料を請求する場合、同居中で家計が同じ場合が多いですが、慰謝料は夫婦共有の財産ではなくあなただけの財産となります。

 

ただ、慰謝料請求が再発防止になるタイプと、そこまでして婚姻生活を継続する気にはなれないというタイプがあるので、相手の性質によって対応を変えることは必要です。

 

でも、不貞=婚姻しがたい事項(離婚理由)を作った方からの離婚請求はできないので、もし離婚したいと言われても拒否することができ、原因を作った人(夫)は婚姻生活を続ける義務があります。

 

どちらにしても、浮気していた事実を認めさせる証拠が必要になるので、浮気調査を行い言い逃れのできな証拠をつかんでおくことが必要です。

 

夫に対する浮気の慰謝料請求方法