離婚 公的補助

MENU

離婚に伴う公的補助について

離婚,公的補助

離婚をしたのは良いものの、経済的な不安が残るという方が大半です。
離婚後、経済的に困ってしまった時のためにあるのが公的補助というわけですが、子供の有無にかかわらず受けられる公的補助もありますので、ご確認ください。

 

公的補助の一つとして、国民年金保険料の減免は子供の有無などに関わらず受けることができます。

 

また所得税や住民税の軽減なども公的補助の一つですし、所得に応じて寡婦(寡夫)控除が認められることもありますので、相談をしてみましょう。

 

子供がいて離婚をする場合、児童扶養手当といって18歳未満の子供がいる母子家庭に与えられる制度やひとり親家庭医療費助成という18歳未満の子供を扶養している一人親家庭の母親もしくは父親が所得に応じて医療費や入院時などの食事代を負担してもらうことが可能になります。

 

支払いが困難であると認められた場合は住民税の軽減なども検討してもらうことができます。
国民年金や水道料金なども場合によっては軽減されることもあるようです。

 

母子福祉資金貸付制度、JR通勤定期乗車券の割引制度などもあります。母子生活支援施設や公営住宅の優先入居、最低限の生活すら出来ないと判断された場合は、不足分を保障してもらえる生活保護を受けることもできます。

 

離婚に伴う公的補助について