離婚 慰謝料

MENU

離婚に伴う慰謝料について

離婚を検討されている方の多くは「慰謝料」をかなり深刻にとらえています。

 

離婚に至るケースはそれぞれのご家庭で様々ですが、慰謝料はこの額を請求しなくてはならない、この金額が妥当であるというものはありません。

 

原則として慰謝料というのはいくらでも請求をする事ができます。

 

精神的な苦痛に対する損害を金額に換算したものが「慰謝料」となるわけですが、精神的苦痛の大きさは人によってかなり異なります。ですので、慰謝料の額も規定を設けているというわけではないのです。

 

ちなみに、損害賠償は実際の損害を金額に換算した額しか請求できませんので、そういった意味では慰謝料は無限であると言えるのではないでしょうか。

 

もちろん、慰謝料はどれだけ請求しても構いませんが、必ずしも希望通りの慰謝料を支払ってもらえるわけではありません。

 

裁判などを経て離婚をされる場合、裁判所に訴えを起こして請求することになりますが、裁判所に納めなくてはいけない手数料は慰謝料の請求額によっても異なってきます。

 

100万円であれば8,600円、1000万なら57,600円となります。

 

あくまでもこれは金額の目安でありそれぞれの事情によって異なりますので、慰謝料についてはきちんと専門家と相談をしましょう。

 

原一探偵事務所で無料相談してみる

離婚に伴う慰謝料について