公正証書 作り方

MENU

公正証書の重要性と作り方

公正証書,重要性,作り方

公的証書とは、金銭の取り決めんどに対して作成するものであり、公的証書には本証書記載の金銭債務を履行しない場合は直ちに強制執行を行うという文面を必ず入れなくてはいけません。

 

養育費や慰謝料など相手にとって債務となること、裁判を起こさなくも、公的証書を作成しておけば万が一の時には裁判を起こさずとも強制執行を行うことができる、離婚時には大変重要な書類となります。

 

公証役場での手続きが可能で、当人による手続きが難しい場合は代理人による手続きも行うことができます。

 

養育費が滞ったり慰謝料の支払いがされていない場合などに備えるものですので、きちんと支払ってもらえない可能性がある場合は、粉的証書を作成しておく事をお勧めします。
相手の親(離婚をする相手)を連帯保証人にすることも可能ですので、とりっぱぐれを防ぐ事も可能です。

 

本人を確認できるもの、実印、戸籍謄本、財産分の良対象となるものの目録や代理人を通じての場合は委任状、代理人の印鑑証明、離婚協議書がある場合はそちらも持参しましょう。

 

ちなみに、構成執行をする際に相手の所在地が不明になってしまうと公的証書の意味がなくなってしまいますので、公的証書を作成した場合は必ず相手にも同じものを提出しておきましょう。

 

公正証書の重要性と作り方