離婚 財産分与

MENU

離婚に伴う財産分与について

離婚,財産分与

財産分与とは、結婚をしていた時の長さによって夫婦で築き上げた財産を清算し、二人で分け個人財産として分けることを指します。

 

財産分与の対象となるのは、結婚をしていた夫婦で、結婚をしている時に購入した持ち家や土地、貯蓄などがあたります。

 

ただし、結婚をする前から持っていた財産、親から相続した財産など夫婦の協力ではなく得られた財産については財産分与の対象外となりますのでご注意ください。

 

財産分与は土地のみならず、現金であったり株券や債券、家具や電化製品、厚生年金や共済年金、場合によっては退職金も財産分与の対象となることがあります。

 

財産の価値は株券などのわかりやすいもの以外は、いろいろな方法で金額を決めていきます。
たとえば不動産に対する価値は、不動産会社を通じて相場を見いだしたり不動産鑑定士に依頼することもあります。

 

また、お使いのお車も財産分与の対象となり、車の年式や使用期間などで中古車の相場を調べ、それが車の価値として当てはめられることもあるでしょう。
単純に財産を2で割るということはなく、財産を作ったであろう夫婦の貢献度などによって分与の割合も異なりますので、こちらについてもご注意ください。

 

離婚に伴う財産分与について