浮気調査

MENU

自分でできる浮気調査

浮気調査

一緒に生活をしていると怪しげな行動や今までとは違った行動をとっていることが分かります。

 

肌身離さず携帯を持って歩いている時点でかなりグレーな状態です。
見られたくない心理がそういった行動を起こさせているのは間違いないのですから、気が済むまで調査してみるべきです。

 

「旦那の携帯の中に幸せはない!」といった大物芸人がいましたが、まさにその通りです。
それでも、真実を確かめたいと思うのが当然の心理。

 

最近、残業、飲み会、休日出勤、出張が増えたりしているなど、「怪しい!」と感じたら、まずは自分でできる浮気調査を始めてみましょう。

 

その1:携帯、スマホをチェックする
  • ロックがかかっている
  • 家の中でも携帯をいつも持ち歩いている
  • 常にマナーモードにしている
  • かかってきた電話に出ない。メールも見ない
  • 一人になれる場所でしか電話に出ない
  • スマートフォンの画面を裏にして置いている
  • 電話をかけても出なくて折り返してくることが多い

など、ロックがかかっている時点で、かなり高い確率で浮気していると思われます。
携帯の中にはかなりの情報があり、ロックを解除できれば履歴から浮気相手の電話番号・アドレス・住所・勤務先なども知ることができ、メールの内容から状況も判断できるので、まずはロックを解除してみましょう。

 

 

その2:車をチェックする
  • 走行距離が急に増えた
  • カーナビの検索履歴・目的地に行ったことのない場所が登録されている
  • ETCの利用が急に増えた
  • ガソリン代が急に増えた
  • 助手席のシートの位置が変わっている
  • 車をよく掃除するようになった

など、人目を気にする浮気は車の使用頻度が非常に高く、車の中は証拠の宝庫とも言われています。
このほかにも女性の髪の毛やアクセサリー、違う銘柄の煙草の吸殻や聞きなれないCDが残っていることもあります。
また、社内のごみ箱の中にはレシートなどが捨てられている場合もあるので、行き先などを特定することができます。

 

その3:持物をチェックする
  • バッグ
  • 財布
  • 手帳

財布の中はかなりの情報が入っています。
とくにレシートは行き先や時間、人数を特定できる情報源。映画やアミューズメントパークのチケットをそのまま入れておく不用心な人もいます。お金の使い方が激しくなったり知らないクレジットカードを作っていたりする場合も注意が必要です。
手帳を使ってスゲジュール管理をしている場合は浮気相手と会う日にチェックが入っているかも知れません。

 

その4:クレジットカートの明細をチェックする

男は見栄を張る生き物です。
お小遣い制で甲斐性もないのに浮気相手にはいい恰好をするために、クレジットカードで支払いをしていることだってあります。なので、クレジットカードの明細は必ずチェックしましょう。ホテル代をカードで払っている大バカ者も多いようですよ。
また、ETCに使用しているカードの明細にはどこで乗ってどこで降りたかが日にち入りで記載されているので、こちらも忘れずチェックしてください。

 

これは自分でできる浮気調査の1例です。
これらの証拠を集めて浮気を問い詰めても事実を認めない人も多いようです。

 

自分で浮気調査をしてみて「限りなくクロ」だと判断した場合は、相手が気がつかない間に決定的な証拠を押さえる準備に入ることをお勧めします。

 

浮気調査 ただし、
自分で動きすぎて調査を依頼する段階でターゲットが警戒状態になっていることもしばしばあるようです。
自分で浮気調査を行うときの最低条件は「絶対にバレない」ということ。
証拠不十分の状態で詰め寄ったとしても嘘をつきごまかされるのがオチです。

 

浮気調査を依頼する時点ですでにターゲットが警戒してしまった場合、調査はやりにくくなるそうです。

 

ただ、メールのチェックができている場合、会う日や時間などの約束をメールですることがほとんどらしく、捜査する日が限定できるから確実に証拠を押さえることができます!と断言していました。

 

原一探偵事務所で無料相談してみる

自分でできる浮気調査