親権 重要性

MENU

親権とは?親権の重要性

親権,重要性

子供がいる家庭が離婚をする場合、必ず親権についても話し合わないといけません。

 

親権とは、その字の通り親としての権利を得るもので、法律によって決められている親権とは、子供と同居し保護すること、教育など毎日の世話をする事、子供の財産を管理することなどが主となります。

 

ですので、夫婦である時に子供をもうけた際は当然のことながら父親も母親も親権者ということになるわけです。

 

ですが、離婚をすると親権者にならなければ親としての権利を得られなかったということになり、法律上でも父親もしくは母親を親権者としなくてはいけないと決められています。
離婚届には親権者がどちらになるのか記載しなくてはいけませんので、これが決まらない限りは離婚をすることはできないのです。

 

ただし、親権の他にも監護権というものもあります。
監護権とは実際に子供と同居をして世話をする権利のことで、場合によっては親権と監護権を別物として考え離婚をされるケースもあります。

 

ですが、親権は先ほども述べたように戸籍に記載するものなのですが、監護権というのは戸籍は関係がないという事を覚えておくと良いでしょう。
親権を得られなくても監護権を得ることで愛する子供との生活を実現させている方もたくさんいらっしゃいます。

 

原一探偵事務所で無料相談してみる

親権とは?親権の重要性