浮気調査

MENU

浮気とは

浮気調査

浮気の定義は人によってとらえ方が違うので、メールのやり取りや食事に行くだけでも浮気と感じる人も多いと思いますが、民法上の浮気の定義は「特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」となっています。

 

不貞は婚姻状態を継続しがたい重要な事項にあたり、離婚理由として認められています。

 

なので、浮気が原因で離婚に至る場合には不貞の事実を証明できる証拠を集める必要があります。

 

生活を共にしていれば相手の怪しい行動を観察することや、自分である程度の証拠を集めることもそう難しいことではないので、まずは自分でできる浮気の証拠集めを始めてください。

 

 

そもそも浮気とは?

浮気していることがほぼ確定的で今後離婚を考えている場合、浮気調査を探偵業者に依頼するのも一つの方法です。

 

浮気を簡単に認める人はいないでしょうし、中途半端な証拠を突きつけて話し合いをしても、嘘をつき、隠し、ごまかすことは容易に想像できることで、「俺を信用できないのか!」なんて逆切れされることも考えられます。

 

なので、完全優位な状況を作って自分が主導権を握るためには、「参りました」という証拠を突きつけることが必要です。

 

プロに依頼して確実な証拠を押さえて主導権を握るため、まずは無料相談を受けてみることをお勧めします。

 

原一探偵事務所で無料相談してみる

そもそも浮気とは?