養育費 相場

MENU

養育費の相場

養育費,相場

養育費は、子供が親から自立をするまで必要な費用をもらうためのもの。
子供を実際に引き取って生活を共にしている親ではなく、離婚をした別に生活をしている一方の親から支払われます。

 

子供を育てていくためには離婚をしても費用を分担するのが目的で、親としては当然のことながら離婚をしたとしても負担はしなくてはなりません。
養育費を払う義務はあり、時効になるようなこともありません。
ですので、後々養育費をもらうことができる場合もあるのです。

 

一般的に養育費というのは、子供が20歳になるまでとなっていて、それぞれのご家庭によって年齢は前後します。

 

また、養育費の額は親の試算や生活水準等を考慮した上で決められることがほとんどで、
相場としては月に3万円〜5万円(一人当たり)となっています。養育費の算出方法なるものがありますが、養育費早見表を用いての養育費の算定が今では一般的となっています。

 

そのうえで話し合いを行いながら最終的に支払うことになる養育費の額を決めていくのですが、再婚をしたことで養育費の支払いを中止するといったケースも見られますが、本来は再婚をしても養育費の支払いの義務が発生することに変わりはありません。
ただ、再婚をした相手が子供の養育をする義務が発生しますので、大半は養育費の支払いが中止してしまいます。

 

原一探偵事務所で無料相談してみる

養育費の相場